記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 きいろいぞう

田舎

最近、『きいろいぞう』という映画をみました。

かなり前の映画で2012年の作品です。

宮崎あおいさん演じるツマさんと向井理さん演じるムコさんの夫婦二人暮らしの日常を描いたお話しで、舞台は山や田んぼが広がる、のどかな田舎で繰り広げられます。


二人が生活を送っていく中で、夫婦間や近所の人たちとの心の交流が緩やかに展開していきます。

その中でも、夫婦間での感情の揺れ動きが、ちょっとした行動やしぐさ、言葉のニュアンスなどで

表現されているのがおもしろかったです。

現実の日常の中でも、当たり前にあるような家族や身近な人との感情の揺れ動きなどが

丁寧に描かれていると思いました。

あと、ツマさんは不思議な能力を持っていて、それによってちょっとおもしろい、かわいらしい味付けになっていると思います。

ここが、現実にはないファンタジー的なゆるさを感じるところでしょうか。

宮崎あおいさんのナチュラルさが良い味をだしてると思いました。


映画『きいろいぞう』予告編



とても仲が良かった二人なのですが、あることから溝が大きくなっていきます。

その原因がムコさんの過去の女性の存在にあります。

私には、その過去の女性とムコさんの気持ちが、いまいち理解できなかった部分もあって、

特に過去の女性への感情移入は難しいところがありました。

ムコさんが彼女に惹かれ、今も心の中に残っている気持ちはわかるような気はします。

穏やかで、とても優しいムコさんの中に、表には出さない抱えてるものがあるのだなと

うかがえるシーンなどもでてきます。

繊細な心の描写が描かれている映画が好きな人には楽しめるのではないでしょうか


私は見終ったとき、すごくほっとするような、癒された気持ちになりました。

それは、この映画の空気感や時間の流れ方みたいなものが、私にはものすごくマッチしていたのかもしれません。

とても、やさしい映画だと感じました。

邦画は観てよかったなと思えるものが少ないのだけど、今回は観て良かったと感じる気持ち良い作品でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。